COMPANY 会社概要

TOP > 会社概要

株式会社アクロラドについて

株式会社アクロラドは、X線・ガンマ線等の放射線を計測するためのCdTe半導体検出器の製造を行っております。

原料の精製からCdTe単結晶の成長、加工、電極形成、X線画像検出器モジュールの製造まで一貫した製造ラインを有しております。

お客様のご要望にあわせ、さまざまな形状の素子をご提供させていただいております。

概要

商号

株式会社アクロラド(英文名 Acrorad Co.,Ltd.)

設立年月日

1984年2月1日

資本金

1億円

従業員数

65名

所在地

【本社工場】

〒904-2234

沖縄県うるま市州崎13番地23

電話 098-934-8960 Fax 098-934-8961

【東京支店】

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー5階

電話 03-3493-7621 Fax 03-3493-7622

役員

代表取締役社長
大野 良一
代表取締役副社長
ウーベ リュクル
取締役財務責任者
河村 英昭
監査役
草間 泰

主な事業

CdTe放射線検出素子の製造販売

2021年4月1日現在

アクセスマップ

本社工場

東京支店

東京支店は、JR「大崎駅」南口改札を出て左手側、ゲートシティー大崎の6F「シーメンスヘルスケア株式会社」内にあります。
本社工場
本社工場
東京支店
東京支店

沿革


1984年

クレスト電子株式会社設立、医療装置用基板の製造を開始

1988年 THM法による放射線検出素子用CdTe単結晶の成長の開発に着手
1993年 DXA法骨密度検査装置にCdTe素子が採用される

1998年

2インチCdTe単結晶の成長技術を確立

2000年

社名を株式会社アクロラドに変更し、沖縄工場竣工、CdTe放射線検出素子の製造を開始

2002年

 ISO9001認証を受ける。3インチCdTe単結晶の量産を開始

2002年

 欧州宇宙機関(ESA)の天文衛星INTEGRALにCdTe素子が採用され、打ち上げられる

2003年

歯科用パノラマ装置にCdTeピクセル素子が採用される

2007年

X線画像検出器 FPD 4x2 の開発に成功し非破壊検査装置に採用される

2011年

シーメンスがアクロラドの株式の過半数を取得

2013年

55μm ピッチのピクセル電極形成技術を確立し、販売を開始

2016年

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の天文衛星HITOMI(AstroH)にCdTe素子が採用され、打ち上げられる

2018年

沖縄工場第1期拡張工事竣工

2020年

沖縄工場第2期拡張工事開始

BSI.pngISO9001.pngAEO_rgb.gif
CONTACT
03-3493-7621
【受付時間】9:00~18:00(土・日・祝日は除く)